支援の現場から - supporter’s voice -

鈴木大介氏 第1回 読書会の様子(一部抜粋)

鈴木大介氏 第1回 読書会の様子

2021年4月16日に開催された、読書会の様子を一部抜粋してお届けいたします。
アカデミー会員様には、より長い動画をご視聴いただくことができます!

鈴木大介氏

1973年千葉県生まれ。子供や女性、若者の貧困問題をテーマにした取材活動をし『最貧困女子』(幻冬舎)、『ギャングース(漫画原作・映画化)』(講談社)、『老人喰い』(ちくま新書・TBS系列にてドラマ化)などを代表作とするルポライターだったが、2015年に脳梗塞を発症して高次脳機能障害当事者に。その後は高次脳機能障害者としての自身を取材した闘病記「脳が壊れた」「脳は回復する」(いずれも新潮社)や夫婦での障害受容を描いた「されど愛しきお妻様」(講談社)などを出版。近刊は援助職全般向けの指南書「『脳コワ』さん支援ガイド」(医学書院・シリーズケアをひらく・2020日本医学ジャーナリスト協会賞大賞受賞)、『不自由な脳』(金剛出版・共著)など。 「里奈の物語」はルポライター時代の取材を投影した唯一の小説表現。

この記事はオンラインアカデミー(有料会員)専用記事です。
ログインいただくと続きをご覧頂けます。

オンラインアカデミー(有料会員)のご案内

会員になると、全ての情報をご覧頂ける様になります。また、セミナー、交流会参加の割引参加や、事前質問などの特典があります。

  • フルバージョンの動画
  • インタビュー記事全文
  • 専門家による寸評