当事者インタビュー - actual story -

仕事を再開したら「なんでこんなこともできない?」に システムエンジニア Kさんの場合

50代男性
システムエンジニア

できない自分を責め続ける日々のKさん
インフルエンザ脳症による記憶・遂行機能障害を抱えながら元のお仕事にもどったKさん。
高度な知識と技術を要求される業務だけでなく、メールのやり取りなどにも困難さがあり、様々な壁にぶち当たり、心がつぶれそうになってしまう。

まとめ

  • 自分が信じられない、確認作業に膨大な時間がかかる
  • ミスをしているのでは、見落としているのではという不安がぬぐえない
    何度も、何度も、頭の中で、同じところをぐるぐる回っている
  • 話し言葉でも、メールでも、何の話なのか、全体把握ができない
  • 聞いた先から、読んだ先から、内容がこぼれて落ちる
    中断したら、作業をどこまでやっていたのか全く分からなくなる
  • なんとかせねば! 取り憑かれたようにPCにかじりつく
  • なぜできないのか? どうしたらいいのかも分からなくて大パニック
    焦りと不安と恐怖で、PCから離れられない
    頭も気持ちも疲れすぎて、吐きそうになる。それでもやめられない。
  • なんでできないんだ! の怒りが止まらない
  • 些細な音でも、怒りが爆発! 叫ぶ、叩くの行為が止まらない
    できない、できないと自分を責め立て続けてしまう

専門家による寸評

言語聴覚士西村 紀子

 脳損傷の後遺症は、「身体」「認知」「心」と言われている。言語聴覚士はこの「認知」の中でも、主に言語機能に関わる職種である。しかし、医療・介護・福祉行政の中で、「身体」にくらべて「認知・言語」は軽視されていると、常々問題に思っている。「言葉による困りごと」が全然、反映されていない。麻痺よりも、コミュニケーションが難しいことの方が、社会的自立を阻害しているのにと、言語聴覚士としては、いつも歯がゆく思っている。
 しかし、当事者インタビューを続けているうちに、さらに軽視されているのが「心」であると感じ始めた。ある日突然、別人のようになった当事者の心理を、私たち現場の人間が、理解しようと努めもせずに、「心理士ではないから」とあまり関わろうとしなかった。
「楽しそうに花見をしている人を見て、僕はこの場に入れない人間になったんだと哀しい気持ちが溢れてきて、涙が止まらなかった」「仕事ができなくなった自分が許せない、なんでこんなダメな人間なんだと、自分を責めたてるのを止められない」「ことごとく失敗する、何ができないのか常に不安でたまらない」本症例の吐露する生活に戻った人の心情風景を、少なくとも私は、入院患者さんを前に仕事をしていた時には想像できなかった。なんとか、言語機能を改善しようと、それしか思っていなかったし、その範疇で、心理面への配慮をしていただけであった。
「障害受容」についても、浅はかな知識で、「どのような関わりができると、受容しやすいのか」と考えていた。しかし、今、はっきりと思う。「あの患者さんは、障害受容が難しい」「受容ができている」そんなことを、たかだか発症して数か月の患者さんに関わっている医療者が、口に出してはいけない。受容なんて、簡単にできるものではない。そして受容していようが、受容できていなかろうが、日々、できなくなった自分を実感せざるを得ない生活が続くのだ。入院中はまだいい。やることが少ない環境だし、これまでの生活と全く違う環境だからだ。退院して、これまでの生活に戻ってからが、本当に大変なのだ。たった少しのことで、うつ病等の二次障害を起こしかねない、ぎりぎりのラインで生活している当事者、そして家族は、何万人といるのだろうと思う。「身体」よりも「認知」よりも、さらに軽視されている「心」こそが、こうした人達に最も必要な支援のはずだ。心理士が活躍できる制度の充実を願う。

取材から見える事

文筆業鈴木 大介

鈴木 大介

 今回のヒアリングで改めて感じさせるのは、Kさんのような高度専門職を相手に、支援職がどのようなアプローチが可能なのか、という課題です。
 システム開発の中下流全域をカバーするなどといった知的ワークについて、実務レベルでの具体的支援介入が極めて困難なのは、社会保険労務士のYさんのケースや、文筆業である僕自身のケースにも言えること。
 そもそも「復職は無理」と言われたKさんへのアセスメントが論外だったのは言うまでもありませんが、注目すべきはヒアリングにある通り、Kさん自身の苦しさの本態が「実務面での問題」よりも、病前通り思い通りに仕事が進まないことに対して「すべては自分の能力が低いからいけないんだ」という強い自罰的な傾向になってしまうことにあった点です。
 Kさんご本人は、ベースに孤立の苦しみがあり、その上が現状や将来への不安、そして一番上に実務上で感じる不満といった感じのピラミッド状に自身の苦しさがあったとおっしゃいます。
 これまでのヒアリングでも何度か出た通り、高次脳機能障害の当事者の心理症状として本当にきついのが、自身の中にある漠然とした不安や不満といったネガティブな感情に内的な注意が過集中してしまい、ただ苦しいだけで何も解決しない時を過ごし続けることです。
 そしてそんな時、意外な特効薬となるのが、実は「愚痴」だったりします。
 愚痴=「ネガティブ感情の自己開示」の図式における最大の効果は、まず自分の抱えている問題を他者に言語化して伝える中で、自身の抱えている不安や怒りの感情の正体を見つけられること。
 さらにその感情の原因となっている相手などに、どう伝えて改善していくかといったことを第三者と冷静に話し合うことで、漠然と不安に感じていただけでは見えなかった解決への戦略が見えてきて、一気に苦しみが解消される瞬間があることです。
 ちなみにKさんご自身は、SNSを通じてご自身のしんどさを発信・交流することが、最大の救いだったと言います。
「基本的に私は周囲に愚痴を言えず、言えたとしても『今の状況のままなら死を選ぶ』ぐらいの状態だったと思いますが、SNSを通じて同じ属性の人の悩みが見えることは参考にもなるし、自分への慰めにもなりました。
 私の心はSNSに救われました。私にとって一番きつかったのは孤立と、上を目指す気力を喪失してしまうことでしたが、どん底に沈んでしまった私にとってのSNSは、戦友的な存在だったと思います」
 機能回復を目指すリハビリや、実務レベルのアドバイスが困難といったレベルの高度専門職の当事者に対しても、「愚痴のヒアリング先を共に探す」といったようなごくごく基礎的な心理的支援が大きな救いになることがある。
 このことは、支援職の多くに真剣に考えていただきたいポイントです。

インタビュー記事

全部ひとりでがウリだった

 小学6年生でパソコンを触り始めてから、プログラマー一筋。病前のKさんは、個人事業主のSEでした。大学在学中からプログラミングのバイトをはじめ、ソフト屋に就職。何度か転職はあったものの、基本的には小売業の受発注から会計までを一括で管理する社内ソフトの開発に携わり、開発後の従業員指導なども業務範囲だったと言います。個人事業主として独立したのは、30代半ばのことでした。


「僕の独立と同時に、最初の職場で同僚だったTも独立してソフト屋を起業したんです。以降はずっと一緒に仕事をしていて、仕事の半数近くがTと組んでやるものでした。Tの担当は、顧客の開拓から、必要なソフト開発の要望と仕様決定を大まかにヒアリングして、進行、予算関連までに渡るマネジメント業務。僕の担当は、顧客と関係性ができた後。現場レベルでの細かいヒアリングを直接相談しながら、実際のプログラミングをすること、その後の納品、実際に使ってみての障害対応や細かい仕様変更、新規機能の追加や保守運用なども含め、全部僕の独り部隊で回していました」


 通常ソフトウェア開発といって想像されやすいのは、大きな企業が発注するシステムに、何社ものソフト屋やSEが参加して、分業制でシステム全体を構築してスタイルでしょう。一方でKさんは、ソフトウェア開発の中流から下流までを、一切外注することなく全部おひとりで担うスタイルで、それを15年以上続けてきました。


「現場と関係性ができた後は、ごっそり全部ひとりでやれる。何か障害があった場合の対応、保守やバージョンアップも、ひとりでやってましたね。逆に自分以外には誰にもできないという感じ」


 それが病前のKさんのウリ。けれどその守備範囲の広さと、パートナーであるTさんがKさん以外のプログラマーを抱えずに、実質二人チームでずっとやってきたことが、高次脳機能障害の当事者となった後のKさんにとって、大きなマイナス要因になったかもしれません。


この記事はオンラインアカデミー(有料会員)専用記事です。
ログインいただくと続きをご覧頂けます。

オンラインアカデミー(有料会員)のご案内

会員になると、全ての情報をご覧頂ける様になります。また、セミナー、交流会参加の割引参加や、事前質問などの特典があります。

  • フルバージョンの動画
  • インタビュー記事全文
  • 専門家による寸評