当事者インタビュー - actual story -

未経験分野に転職した石井さん


若い人たちが活躍する業界
 アパレル会社で働いていました。主に企画の仕事をしていました、どんな服を作るか考え、コストを計算し、どこで生産するかを決める。そういう業務に携わっていました。海外出張が多かったです。仕事は忙しかったけれども、体調は良かったですね。毎朝、ランニングをしていました。
倒れた前日まで海外にいたんです。帰国して、妻と散歩に行っているときに急に気分が悪くなって、道端に座って休んでいたんです。近所の人に「熱中症じゃないか?」と言われ、水をかけてもらったんですよ。最初は「こんなこともあるのかな」って感じでした。でも、まったく良くならないので、救急車を呼んでもらいました。救急車に乗り込んで、病院でMRIを撮ったあたりまでは、ぼんやりと覚えています。
言葉が出てこなかったと思うのですが、僕がそのことに気がついたのは、次の日ぐらいですかね。右半身は全く動かなくて、ご飯は流動食みたいなのを食べていました。妻の名前も子どもの名前も分からなくて、そういうのを練習していましたかね、あまり覚えていないです。言葉を聞くことはだいたいできたんです。夜間、新人の看護師さんとの雑談が、なんかほっとしました。僕もがんばろうと思いましたね。
3週間後にリハビリ病院に転院しました。妻がいろいろ調べてくれて病院を決めたんですが、知らない病院に行くのは不安でした。寝返りもできなかったので、理学療法がメインだったと思います。退院する頃は杖で歩けるようになっていたので「リハビリってすごいな」と思っていました。退院したあとは外来に週2日ほど通っていました。
会社に戻る時期は自分で決めました。戻るとしか考えていませんでした。細かい会社とのやり取りは妻がやっていて、産業医と相談して決めました。元々していた仕事のアシスタントという形で、時短勤務から始めました。この業界は若い人達が活躍するんですね。なので、キャリアチェンジについては元々考えていたんです。ちょうど希望退職を募っていたので、それに応募すると、大手のエージェントに登録されました。その会社から「障害者の就職フェア」を教えてもらって、そこに行きました。そこでいくつかの会社と面接をして、今の会社に決めました。不安はありましたが、これも経験かなと思って飛び込みました。全く新しい分野なので、勉強することがたくさんあります。失語症があるので確かに難しくなっているかもしれませんが、もともと勉強が好きなので苦ではありません。

まとめ

  • 言葉がほとんど出なかった
  • 麻痺があって声がでない
    言葉が頭の中に浮かばない
    妻の名前も、子どもの名前も、言えない
  • 戻れると思っていた
  • 得意だった英語が全く話せなくなった
    失語症があっても、理解はできる
    経験を活かして補佐なら・・
  • 見込んでいたより仕事ができない
  • 仕事の相手が、失望していくのがわかる
    電話はもちろん、メールも時間がかかる
    頭の中で論理を積み上げるのが難しく、資料作成ができない
  • 思い切って転職
  • エージェントを利用して転職活動を開始
    面接には想定問答を作って挑戦
    業界にはこだわらない、受けるだけ受けみた
    障害者の転職フェアは、実は、売り手市場?

専門家による寸評

言語聴覚士西村 紀子

 この人は「言語聴覚士が遅れを取るパターン」だ。インタビューを開始してすぐに実感した。非常に知的レベルが高く、学習意欲も旺盛。これまでのお仕事の経験から事前の準備を怠らないし、トライアスロンをしていただけに、自主トレや課題は必ずこなして来る。「発症時、言葉が思い出せないというのもありましたが、麻痺があったので、声もでなかったんです。なので、まずは『あ~』とか発声練習をしていました」とのことだったが、病棟でもせっせと練習していたに違いない。
こういう患者さんを担当する言語聴覚士は、やりがいもあるが、大変だ。次々にプログラムを変更して、課題も準備しないといけない。気を抜くと、患者さんの回復の方が進んでいて、なぜ今そんな課題をしているの? という状況になってしまう。休み明けなど、リハ実施の最中に、「あれ? この内容は簡単すぎる…」と思って、準備していた課題を変更することもあるだろう。ベテランの先生であれば、会話のレベルを上げるなどの方法で即座に対応するのだが、普通の言語聴覚士であれば、そのような対応は難しく、慌てる場面が想像できる。
石井さんは、外来リハビリで「論理パズルをしていました」と話しているが、これはシリーズで市販されている『アインシュタイン式論理脳ドリル』のことで、私も軽度の失語症の人にはよく使用している。高次脳機能障害の方の遂行機能のリハビリにもよい。軽度になると「失語症用」とか「高次脳機能障害用」とかでなくて、一般のドリルの中で使えるものを探す必要がある。このドリルだけではないが、書店に行くたびに、リハに使える「ネタ」をついつい探してしまうのも職業病かも……。某パズル会社にはいつも心から感謝している。
 さてもう一つ、失語症というコミュニケーション障害を抱えているにも関わらず、全く違う業界に転職したこと、そして障害者の転職フェアでは「売り手市場」だと感じたことも特筆したい点だ。全く新しい仕事に就くのは不安もあったが「もともと勉強は好きなので」とさらりと話していた。失語症があっても、勉強が好きな人は勉強したいだろうと、当たり前なことに改めて気がついた。失語症があると学習が困難だというイメージがあるので、支援者がつい、制限をかけるような声かけをしていないか、気を付けたいところである。また失語症=低い復職率という固定概念から、支援者が自分の枠の中で、復職や就労継続について「あ、復職は難しい」と簡単に考えることがないようにしたい。失語症についてあまり知らないエージェントのアドバイスは、石井さんに関しては、むしろ有効だったようだ。

取材から見える事

文筆業鈴木 大介

鈴木 大介

様々な障害当事者の中には、必ず少数の「スーパー当事者」(多くの当事者が真似できないギフトをもった当事者)がおり、そうした当事者の成功談をことさらに取り上げることは、時に「できない」当事者にとってはつらい情報になることもあります。
石井さんは間違いなくスーパー当事者。けれど石井さんのケースは、高次脳機能障害や失語症当事者の就労支援では盲点だった、とても必要な視点を下さったように思います。
それは、多くの当事者に共通する「新しいことが壊滅的にできなくなる」に配慮して「病前職種の周辺へのソフトランディングが理想」とする支援方針を覆すような当事者属性がある、ということです。
石井さんケースにみる新たな属性とは、際立った「勤勉マインド」と、それに基づく病前習慣です。
「勉強は好きなんです。一週間に仕事のための勉強にあてる時間は、病前は週に10時間ぐらい、今は週に5時間ぐらいですね。病前は、例えば英語なんかも働き始めてから独学で憶えましたし、経済系のオンラインサロンに参加したり、マーケティング関連もビジネス書から必要があれば専門的な書籍も読んだりして勉強してました。でも、勉強が好きだからやっているわけで、一生懸命頑張ってるってるわけじゃないんです」
これが石井さんの病前からのマインド。さらに、複雑だったり、聞きなれない言葉が出てきたりする文書の読解を苦手とする当事者が多いのに対し、全く未経験の法律関連の勉強ができるのには、こんな考え方があると言います。
「そうですね。文献なんかは、いくら難しくても、『世の中にこれを理解できている人がいるから、それを書いた本がある』って考えをしている。だから、何回も読むってことですかね。法律とかは独自の法律用語とかが出てくるので難しいけれど、それでも何回も読むって感じですね」
アパレル業界から製造業の法務部門という、縁もゆかりもない業務への転職。これは当事者によっては大きな挫折や二次障害に至りかねないほどの劇的環境変化に思えますが、「勤勉さ」「新規課題への取り組み経験」といった当事者属性が備わっていれば、そんな新環境にも適応できる当事者がいる。そして聞き取り本文にあるように、全くの新規環境にも「病前スペックとの比較で評価されない」というプラス部分がある。
とても特殊なケースのように思いますが、大変学びのある、石井さんのお話でした。

インタビュー記事

アパレル業界25年、輸入部門を立ち上げて

 大学卒業と同時に入った大手国内アパレル企業にずっと勤め続けてきたという石井さん。受傷後に元いた会社に戻るも、復職から約1年半で、障害者枠で転職し、今では全く別の職種についています。20年以上勤続した会社を、病気をして辞めて転職するというのは、細かい事情を知らずに聞けば、少々絶望的なエピソードに感じられるかもしれません。


 けれど石井さんご自身の体験は、その業界の特殊性や企業の規模などが反映して、端的に「病気・障害・転職」といった言葉からイメージされるものとは、ずいぶん違うもののように思われます。


「大学を卒業してすぐ株式会社Tに入社。まず初めに5年ほど営業をやって、そのあと企画部門にずっと。倒れる3年前ぐらいから、海外で服を作っている現場から直接商品を輸入する部門の立ち上げに携わりました。それまでは現地で作ったものを商社が輸入して、我々メーカーが日本で買っていたんですね。それを現地で買いつけることで、商社の分を自社で賄ってしまおうというプロジェクトです」


 ということで、倒れる直前のお仕事はこの立ち上げた海外買い付け部門の、輸入調整部門。仕入れ規模やコストや納期に合わせて、船便や航空便などの選択と調整をする部署で、統括長として日本と生産国(アジア)を行き来する日々が続いていました。


 倒れたのも、こうして海外出張から帰国した直後のことだったと言います。


「入院1か月、回復期病院が5か月、外来1か月、それで会社に戻りました。当初4か月ぐらいは、そもそも仕事には戻れないだろうなあと思っていました。麻痺と失語がありましたし、心理的にも混乱があったので。自分としては混乱しているとは思っていないけど、今思えばそういうふうなことだったと思う。4か月ぐらいで、どこなら戻れるかな~というのが出てきた感じ。これだったら行けそうだなあと。ということでその時点では、元の会社に戻らないという選択肢はなくて、戻ると勝手に思ってました。ただ、病前通りの部署で働ける認識があったかといえば、そんなことはなかった」


この記事はオンラインアカデミー(有料会員)専用記事です。
ログインいただくと続きをご覧頂けます。

オンラインアカデミー(有料会員)のご案内

会員になると、全ての情報をご覧頂ける様になります。また、セミナー、交流会参加の割引参加や、事前質問などの特典があります。

  • フルバージョンの動画
  • インタビュー記事全文
  • 専門家による寸評